検証実験

Experiment Ranking



※視聴数は2018年11月29日時点のものです。


第1位 視聴数613,287回
枕サイレンサー 回転式拳銃対自動式拳銃


低反発ウレタン素材の枕を使用し、シリンダーギャップからの発砲炎で消音効果の低いリボルバーの銃声を、オートマチックピストルとの比較によって実証します。


第2位 視聴数308,809回
防弾チョッキ対短機関銃


NIJ規格でレベル3Aの防弾ベスト用スチールプレートに対し、9mm弾薬のサブマシンガンで連続的に着弾させる性能テストです。


第3位 視聴数96,217回
ペットボトルサイレンサー .22口径拳銃


容量500mLと1Lの空ペットボトルの飲み口から、.22口径の自動式拳銃を発砲し、銃声の消音効果を検証。途中でフェイスタオルを1枚詰め込んだものも試射します。
※銃法に反さぬよう銃口への取り付けは行わず、台への固定もボトルの反応を観察するために緩くしています。


第4位 視聴数92,359回
クッションサイレンサー .25口径拳銃


.25ACP弾薬を使用する小型な自動式拳銃コルト25オートの銃口を、ポリエステル素材のクッションに押し当てて発砲、銃声の消音効果を検証します。


第5位 視聴数91,343回
ポイントシューティング .25口径拳銃


小さな.25ACP弾薬を使用する自動式拳銃を片手で握り、至近距離から照準をせずに4発ずつ2度発砲、成人男性の上半身内に集弾させられるのかを検証する。
※2013年12月19日に発生した、
餃子の王将社長射殺事件の追求実験。


第6位 視聴数90,501回
拳銃弾の威力比較


厚さ3mmの鋼板へ、日本の警察や犯罪の凶器ともなっている4種類の拳銃弾薬、.25ACP、.38スペシャル、9mmルガー、7.62x25mmトカレフを5度ずつ順に発砲し、その弾痕から威力を比較します。


第7位 視聴数59,636回
防弾チョッキ対トカレフ&ファイブセブン


NIJ規格でレベル3Aの防弾ベストに対し、7.62x25mm弾薬のトカレフと、5.7x28mm弾薬のファイブセブン自動式拳銃を発砲する性能テスト。弾頭は共に一般的なフルメタルジャケットを使用しています。


第8位 視聴数33,766回
防弾バッグ 3A+T 性能テスト


NIJ規格でレベル3A(トカレフ対応3A+T)の防弾バッグへ、9mmルガー自動式拳銃弾、.44マグナム回転式拳銃弾、12ゲージのNo.00バックショット散弾を発砲する性能テストです。


第9位 視聴数30,157回
サイレンサー .22口径 高速弾対亜音速弾


サイレンサーと一体型の自動式拳銃『ルガーマーク3 AWC アンフィビアン』を使用し、.22LRの高速弾と亜音速弾を5度ずつ順に発砲、その銃声をサウンドレベルメーター(騒音計)で測定比較します。


第10位 視聴数27,690回
防弾プレート対トカレフ&ファイブセブン


防刃防弾チョッキ用のNIJ規格でレベル3Aの鋼鉄板に対し、7.62x25mm弾薬のトカレフと、5.7x28mm弾薬のファイブセブン自動式拳銃を発砲する性能テストです。


上記を含む、369本の動画をYouTubeにて公開中です。




※当ウェブサイト上における全てのコンテンツの権利は制作者が有しており、許諾無く複製使用することは法律により禁じられています。
Copyright © 2020 Guns Research All Rights Reserved.