サイトラインと弾道

Line of Sight and Bullet Trajectory


まずは銃の照準方法。後部にあるリアサイト(照門)の谷間から、前部にあるフロントサイト(照星)の山を見て、標的に重ねて合わせる。目のピントは写真のようにフロントサイトにあるのがベストだ。


line 005

写真:照門と照星の凹凸を合わせ標的に重ねる


line 006

写真:照門にピントを合わせた場合


この時「弾丸が飛び出る銃口よりも上に照準器があるのに、なぜ着弾点が合う?」そう不思議に感じる人もいると思うが、その疑問も以下で解決するはずだ。


line 004

写真:標的にピントを合わせた場合


次の図を見てほしい。銃身を水平に銃を保持した時、照門から照星にかけて低くなっている照準器の直線(ラインオブサイト:青色)は、銃身の線(ボアライン)とは平行せず先で交差して離れていく。


しかし、発射された弾丸は重力により次第に下がっていくため、弾道(ブレットトラジェクトリー:赤色)は直線ではなく曲線を描きながら、再び交差した後に離れ落ちていく。


line 003

画像:図は9x19mm弾薬の拳銃をベースに作成


縦の線は距離で0〜50ヤードを、4つの的はその距離での着弾点を表した。至近距離では下に、近距離で一致(交差)し、中距離では上に、遠距離では下に着弾する。つまり、距離が変わると照準も変えなければ当たらないという事だ。


弾道は銃や弾薬の種類はもとより、風や気圧などの自然環境によっても影響を受ける。その照準の誤差を埋めることが射手の役割といえるだろう。




※当ウェブサイト上における全てのコンテンツの権利は制作者が有しており、許諾無く複製使用することは法律により禁じられています。
Copyright © 2020 Guns Research All Rights Reserved.